シネマコンプレックス T・ジョイSEIBU大泉

シネマコンプレックス T・ジョイSEIBU大泉

サイネージプレーヤー『Brifht Sign』による大画面マルチサイネージで迫力ある映像と効果的な情報提供を実現

劇場リニューアルの際に、ロビーでの演出効果を狙った大型サイネージをご提案。新たな内装意匠に合わせて9面マルチサイネージを導入し、138インチ相当の大画面による迫力ある映画予告編や、分割画面でインフォメーションなどを表示。リニューアルに相応しい新たなお客様サービスの演出を実現。

シネマコンプレックス T・ジョイSEIBU大泉

Loading image... Loading image...
PAGE TOP